車検を安く受ける方法

どこで車検受けるのが一番安い?

 車検費用はどこで受けても同じというわけでなく、車検を行う業者によって金額が変わってきます。
 もちろん価格差がでるのには理由があるのですが、車検を受ける側にしてみればやっぱり安い方はいいですよね。

 

 ここでは車検を受けられる場所、それぞれの特徴と車検費用の相場について紹介します。

 

車検を受けられる場所と点検整備費用

 車検を受けられるのはカーディーラーだけだと思っている人もいるようですが、実際には様々な場所で車検を受けることができます。

 

 ここでは車検を受けられる場所と点検整備費用の相場について紹介します。

 

自動車メーカーのカーディーラー 4万〜10万円
車検専門フランチャイズ店 2万5千円〜8万円
民間車検工場 2万5千円〜8万円
カー用品店 2万円〜6万円
ガソリンスタンド 2万円〜6万円

 

 これらの費用に法定費用がプラスされた費用が、車検費用になります。
 法定費用は軽自動車で約3万4千円、中型乗用車で約5万4千円、大型乗用車で約7万円になります。

 

 法定費用はどこで受けてもほとんど変わりませんので、車検を安く受けるためには、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店や、ガソリンスタンドで車検することになります。

 

 このほかに、自分自身で車検を受けることのできるユーザー車検と、個人に車検を依頼する車検代行があります。
 ただしユーザー車検は専門的な知識がない場合はおすすめできません。

 

  • ユーザー車検:0円
  • 車検代行:1万?3万円

 

自動車メーカーのディーラー車検の特徴

 自動車メーカーのディーラー車検を選ぶ理由として最大のメリットは「信頼性の高い点検や整備を受けられること」にあります。

 

 自社製品に合わせて作られた設備で点検することができますので、車検の見落としはほとんどありませんし、交換が必要な部品もすぐに入手してもらえます。

 

 ただし車検としては最も割高になりますので、少しでも安く車検を受けたい人には不向きな場所になります。

 

車検専門フランチャイズ店の特徴

 車検のコバックやホリデー車検といった車検を業務の中心とし、全国展開している車検業者です。
 カーディーラーと比較すると点検整備費用が安価で、しかも明瞭会計ということで高い人気のある車検場所になります。

 

 点検整備の質も高く、1時間程度で車検を終わらせることができるのも車検専門フランチャイズ店の特徴です。

 

民間車検工場の特徴

 民間車検工場には数名で行っている小規模な工場から、整備士が何十人もいる大規模な工場までさまざまな工場があります。

 

 民間車検工場には「指定工場」と「認定工場」があり、自社で車検をすべて完結できるのが指定工場になり、認定工場は自社で点検整備を行い車検場に持ち込んで車検を行います。

 

 料金は車検専門フランチャイズ店に近い料金になりますが、点検整備の質は工場によってばらつきがあります。

 

カー用品店の特徴

 オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも車検を行っています。
 料金が安く、しかも指定工場の場合は、車検をあっという間に終わらせてくれます。

 

 ただし、カーディーラーや車検専門フランチャイズ店に比べると、設備や作業者の質が劣っているため「とにかく車検を通すための点検整備」のみを行う場所だと考えてください。

 

 それでも手軽に車検を受けられるため、時間もお金もないという人におすすめの車検場所になります。

 

ガソリンスタンドの特徴

 意外かもしれませんが、ガソリンスタンドでも車検を受けられます。
 ガソリンスタンドでも国家整備士の資格を持ったスタッフが常駐していることもあり、最も手軽に車検を受けることのできる場所として注目されています。

 

 ただし、作業者の質にばらつきがあり、ガソリンスタンドにある車検の設備も十分ではありませんので、本格的な作業が必要な修理や、車のトラブルを未然に防ぐようなことまでは期待できません。

 

 車検さえ通してもらえればいいという人向けの車検場所だと考えてください。