ランニングコスト 車検

初めての中古車の購入

車運転

 

私は高校卒業と同時に、地元の会社に就職しました。

 

高校時代にアルバイト経験などもなかった私は、初めて社会に出てお金を稼ぐたのしさを味わいながら生活していました。

 

当然、給料が出たら貯金などせず、友人と遊びに行ったり、欲しいものを買ったりして毎月給料日前には残金はほとんどありませんでした。

 

 

そんな中、会社に支店ができることになり、私は支店へ移動になることになりました。

 

実家から通えない距離ではないですが、歩いては行けない距離です。

 

 

そこで私は、人生で初めて車を買うことになりました。友人に勧められた中古車屋に行き、自分の給料と相談して見合った金額の中古車を購入しました。

 

車のことなど全く知らない私は、見た目で車を決めました。結局、TOYOTAのbB煌の中古車に決めました。

 

 

車体代も分割なので、支払自体はそんなに苦しくありませんでした。燃費のいい車だったので、ガソリン代も気にしたことはありません。

 

初めて知った車検

 

ところが車を購入して1年後、中古車屋から車検のお知らせというはがきがきました。

 

そうか、車にはそういう出費もあるのかと、車の知識が全くない私はその程度の感覚でした。しかし、いざ車検が終わり請求書を見てみると、なんと20万円でした。

 

私にとっては大金ですし、当然そんなお金を一気に払えるほどの貯金なんてありません。分割にできるか尋ねると、クレジットカードでの支払いならできるということでした。

 

泣く泣く母親に相談

 

しかし、私は当時カードは持っていませんでした。今から作っても間に合わないということで、泣く泣く母親に相談しました。

 

給料を毎月使い切ってしまっていたこと、車検代がいくらくらいかかるかなど何も考えていなかったことをこっぴどく叱られました。

 

 

そして母親のカードで分割支払いの手続きをしてもらい、毎月給料日に母にお金を渡すことになりました。

 

 

母の言うとおり、車検に向けて毎月1万ずつでも貯金すべきだと反省しました。車は確かに便利ですが、それと同時にお金がかかります。
そのことを理解したうえで、計画的な貯金や、上手に給料のやりくりをすることが大切なんだと思います。