車検費用払えず 買い替え

こんな時は買い替えも検討する

 車検費用が30万円近くなったとき、なんとかして車検費用を集めなくてはという気持ちばかりが先走り、別の視点がすっぽりと抜け落ちていることがあります。
 それが自動車の買い替えです。

 

 車検費用が不足しているなら、車検前に今のマイカーを手放して別の車を買い直したほうが結果的に費用を安く抑えることができるケースもあります。
 ここでは車検費用を払えなくても、買い替えで車検を乗り切る方法について紹介します。

 

中古車は10万円で購入することができる

 はじめに中古車の一般的な乗り出し相場について見ていきましょう。
 最低どれくらいの費用を用意すれば中古車を購入することができるのかをチェックしましょう。

 

 中古車検索サイトなどを利用して検索すると、軽自動車の乗り出し価格が10万円以下でも何台か見つけることができます。

 

1996年式 ワゴンR 乗り出し価格:10万円 車検あり 事故歴なし
2001年式 ムーブ 乗り出し価格:9.8万円 車検あり 事故歴なし

 

 走行距離は10万kmオーバーですが、事故歴もなく車検もついている自動車を10万円で購入することが可能です。

 

 軽自動車ではなくコンパクトカーがいいという場合、次のような中古車が見つかります。

 

2002年式 マーチ 乗り出し価格:14.8万円 車検あり 事故歴なし
2002年式 フィット 乗り出し価格:15万円 車検あり 事故歴なし

 

買い替えに使える予算を検討する

 贅沢を言わなければ10万円台で購入できる中古車が何台もあることがわかりました。
 20万円用意できれば、選べる車種もさらに増えることになります。

 

 20万円用意出来るなら車検費用で困ったりしないと思うかもしれません。
 もちろんそのとおりなのですが、車検切れ前で困っている車を20万円以上で買取してもらえば問題は一気に解決します。

 

 車検を通す費用を用意できない人でも、買取価格が高い自動車に乗っている場合は、自動車を売って安い中古車に買い換えれば、1円も出費せずに車検を乗り切ることができます。

 

 買取価格が限りなくゼロ円に近い場合は、なんとかして最低10万円を集める必要がありますが、それでも車検費用よりも十分安い価格です。
 金利の低いマイカーローンで10万円を借りることができれば、10万円を集められないとしても、分割払いで返済していくことも可能になります。

 

 まずは買い替えに使える予算を決めるために、車検を通せない自動車がいくらで売れるのかを買取業者に見積もりしてもらいましょう。

 

 ちなみにカーディーラーは買取価格がとても低いため、買取査定はカーディーラーで受けないようにしてください。
 中古車一括査定サービスなどを利用して、少しでも高値で買取してもらいましょう。

 

おすすめは軽自動車への買い替え

 車検費用を払えないような状態で見栄を張っても仕方ありません。
 お金を用意できないような状態で、家計の状態もあまり良くないはずです。
 そんなときに維持費の高い自動車をいつまでも持ち続けるのは賢明ではありません。

 

 軽自動車へ買い替えをすれば毎月の保険料も大幅に下がりますし、春に支払う自動車税もダウンします。
 維持費で計算すると1ヶ月で、コンパクトカーと軽自動車を比べてみると1万円近く差額が発生します。軽自動車の維持費は驚くほど安くなります。

 

 暮らしている地域の交通の便が悪いため、車は必需品だけど、車検費用はどうしても払えない。

 

 そんなときは軽自動車に買い替えをすることで車検費用の支払いを回避し、なおかつ自動車を買取してもらったお金で安い軽自動車を購入すれば、実質無料で車検を乗り切ることができるわけです。

 

 ただし、前提としては自動車の買取をしてもらって、それなりの収益が出るということが条件になります。
 まだローンが残っているような場合は、ローンとの相殺でむしろマイナスになる可能性も有ります。その場合は買い替えではなく、別の方法で車検費用の支払いを乗り切りましょう。